ホーム

電話048-649-3477
受付時間:平日 10:00~17:30
  • 会社概要
  • 採用情報
menu
  • お問い合わせ

「リヌーは小学生で”英語フリートーク”をめざす教室」そのために、英語をは話せる日本人講師が、基礎から応用まで幅広く、深く、多様性があるレッスンを組み立てます。長期でじっくり「英語大好き」「自信ができた」「自由に話せる」「英語でスピーチできる」生徒さんを育てています。

「わかる英語」から「使える英語」へ 音読・多読 日記・手紙 メール スピーチ・自己表現 フリートーク会話

レッスン内容の目的・目標

リヌー英語学院では「本当に英語が話せる子を育てたい」との思いで、
2つの目標をもとにレッスンをしています。
この2つのことができれば、英語が話せるようになる根本的な土台がつくられていきます。

  • 目標1短い会話表現が言える

    日常会話は、同じような短い会話の繰り返しです。300-400ぐらいの表現で会話はできます。リヌーでは、小6までにある程度自由に会話できる量が身に付きます。

    等々他にも様々な表現が徐々に出来るようになります。
  • 目標2日常で聞きたいことは何でも聞けるようになる、聞かれたことは何でも答えられるようになる

    例)What fruit do you like? - I like bananas. How many brothers do you have? I have 2 brothers. How about you?

    何を、どこで、いつ、だれと、どのようになど、5W1Hを使ってDo you/Are you/Can youの質問・答えができるようになります。それにともなう必要な語彙も導入しています。(単語数1,000-1,500)

    他にも様々な質問・答えができるようになります。

英語が得意な子の秘密

英語が大得意な子には共通点があります。
それは、音読がものすごく得意な子です。
英語を何百回、何千回、何万回、何十万回音読することで、4つの力が同時に身に付きます。

  • 聞く力

    自分の声を自分の耳で聞いているので、英語を聞き取れるようになります。

  • 話す力

    自然なイントネーションで話せるようになります。

  • 読む力

    英語で内容をイメージしながら読めるようになります。日本語を介さずに英語のまま理解できるようになります。

  • 書く力

    発音と文字が一体になっているので、発音しながら英語を自然に書けるようになります。

スプリングボードで楽しく音読

英語の基礎である、4つの力が音読によって完全に築かれていきます。
リヌー英語学院では、音読教材として英語の絵本「スプリングボード」を導入しています。

  • Level 2
  • Level 4
  • Level 10

スラッシュリーディングを使った音読

スラッシュリーディングで、意味のかたまりをとらえながら読むので、自然に英語の語順で言えるようになります。
年中・年長からスタートした場合、小6卒業までにレベル10くらいまでの文章を読めるようになります。

リヌー学院の5つの特徴

1
1クラス4〜6名の少人数制
講師の目が行き届き、同時にお友達同士、お互いの学習している姿からも 多くのことが吸収できる理想的な人数として、リヌー学院では 幼児クラス…3~5名、小学生クラス…4~6名でレッスンをおこなっています。
1クラス4〜6名の少人数制
正社員講師が責任を持って指導
生徒一人一人に目をむけ、毎日のレッスンを充実したものにするために、 パート社員ではなく全クラス正社員講師が 責任を持ってプランを立て、レッスンをおこなっています。
子供の成長に沿った独自のカリキュラム
無条件に音を吸収していく幼児期には「英語のシャワー」を、文字に興味が出始める頃に 「アルファベット」・「フォニックス」の導入、五感だけでなく体全体で英語を学習していく時期、 文章を組み立てることに喜びを感じはじめる時期… それぞれの年代の子供の成長や学習年数に合った独自のカリキュラムに沿って、 会話の練習・選び抜かれたテキストや絵本・カード・ゲーム・歌・チャンツなどを導入 することによって、無理なく楽しく英語を習得することができます。
全クラス「ALL ENGLISH」レッスン
英語を学習する理想的な環境はやはり「ALL ENGLISH」です。 リヌー学院では3才~小学6年生のすべてのクラスが 外国経験豊富な日本人講師による「ALL ENGLISH」のレッスンです。  子供たちの日本語もすぐに英語に言い直すことで、カリキュラム以外の生き生きと幅広い英語も学習します。 「わからないよ・・」という子供のつぶやきも聞き逃しません。
日本人講師による日本の子ども達にあった指導方法
日本人講師だから保護者と密にコミュニケーションが取れ、学校のこと、他の習い事との 兼ね合い、生活環境に合わせてレッスンをすることが出来ます。 講師自身が英語を第二言語として学習し習得している為、日本人がつまずきやすい発音など、 日本人が「難しく感じる」部分が分かり、対策することが出来ます。
ホーム